awsのcloudwatchによる監視の特徴

AWSではcloudwatchによる監視が標準的におこなわれています。cloudwatchが用いられているのはなぜなのでしょうか。この記事ではAWSの監視にcloudwatchが用いられている理由と、監視をする上でのポイントをまとめました。

AWSの他の監視方法と比較したメリットとデメリットも紹介します。cloudwatchによる監視の特徴を理解して、今後のAWSの運用に生かしましょう。

AWSの監視ツールとして多くのユーザーから日常的に用いられているのがcloudwatchです。cloudwatchとはAmazonが提供しているオフィシャルな監視ツールだからです。

AWSの監視のために作られている監視サービスなので、AWSの各種サービスと相性が良いと言えます。cloudwatchはAWSの契約をすると最初からインストールされているため、すぐに監視に使い始めることができます。

標準機能は無料で利用できるため、まずはcloudwatchで監視を始めるケースがほとんどです。

AWSの監視にcloudwatchが用いられているのは、ECサイトの運営や社内システムとしての運用などに必要な機能が一通り揃っているからです。

cloudwatchではAWSの監視時にメトリクスを一通り取得できるのはもちろんのこと、リージョンの異なるデータも一元管理できる機能があります。多数のインスタンスを作成して運用するときでも管理しやすいシステムが整っています。

ログの監視だけでなく、現在のネットワークのトランザクションの様子やメモリ使用率、CPU使用率なども確認可能です。データを自動収集していき、一定の条件を満たしたときにメールなどでアラートをエンジニアに送るといった機能もあります。

サーバー監視ツールとしてリソースの最適化や死活監視ができる十分な機能を備えているので、もともと他の監視ツールを使っていた場合を除くとcloudwatchで問題ないと判断できます。cloudwatchを使いこなせるくらいの社内エンジニアがいれば、あえて有料の監視ツールを導入したり、オープンソースの監視ツールをAWS用に最適化する必要がありません。

AWSのユーザーが増えた影響でサーバーエンジニアがAWSの監視スキルを学ぶことも多くなり、cloudwatchを活用するスキルのあるエンジニアを獲得しやすくなりました。その影響も受けてAWSの監視はcloudwatchでおこなうのが主流になっています。

cloudwatchを利用してAWSの監視をするメリットはオフィシャルツールなので各種サービスと連携しやすいことです。プリインストールされているので構築の手間もありません。

AWSの監視では死活監視だけでなく、リソースの最適化がコストパフォーマンスに大きな影響があります。特に可用性のあるサービスを利用しているときにはデータ通信量やメモリの使用量などによってコストが変化する仕組みになっています。

サーバー利用のパフォーマンスを最適化して無駄をなくすことにより、コストを抑えて運用することが可能です。このような観点で監視をしやすいようにcloudwatchは設計されています。通常の監視ツールでもcloudwatchと同レベルの作業をすることは可能です。

ただ、cloudwatchのようにプリインストールされているわけではないため、AWS上に構築作業をしなければなりません。AWSのコストパフォーマンスの向上のための施策を進めたり、各種サービスと連携したりするにはシステムの作り込みが必要になるデメリットもあります。

このような初期のツール開発の負担を減らせる点でcloudwatchは優れています。

メモリ監視の重要性:awsでwindowsリソースを最適化する方法

AWSでcloudwatchによる監視をする方法にはデメリットもあります。今まで自社サーバーや他社のクラウドサーバーを利用してきた場合には、監視ツールの切り替えによって現場の業務フローの変化が起こるのがデメリットです。

今まで使用してきた監視ツールの方がエンジニアが使い慣れていて、自動化などのスクリプトも完成している場合があります。このようなときにcloudwatchに切り替えると、監視の手順書を作成し直したり、スクリプトを作り直したりすることが必要です。

今まで使用してきた監視ツールをAWSに対応させやすいのであれば、あえてcloudwatchを使わない方が良い場合もあります。また、有料の監視ツールの方がインターフェースが優れていて使いやすい、より高度な監視を簡単におこなえるといったメリットがあります。

これまで使ってきた監視ツールが作り込んであって、高機能になっている場合にもcloudwatchの機能が不足していると感じるでしょう。cloudwatchはオープンソースではないので、あくまでAWSのサービスの範囲内で使用することになります。

監視ツールの開発をしながら監視作業をできるくらいのエンジニアにとってはcloudwatchは物足りないと感じる可能性があります。

aws ロードバランサの監視方法とそのメリット

cloudwatchによる監視では少なくとも死活監視、リソース監視、ログ監視を初期設定しておくことがポイントです。将来的にはスクリプトを書いて自動監視をできるようにした方が良いですが、初期にはまずリスクが発生したときにアラートを出して対応が遅れないようにすることを重視すると良いでしょう。

死活監視はcloudwatchの画面を見てリアルタイムでおこなうこともできます。将来的に自動化することを想定して、cloudwatch Eventsでステータスを検知してアラートを出す仕組みを整えておきましょう。

cloudwatch Alarmを設定することで、担当者にメールなどで通知を出すことができます。リソース監視では少なくともディスクの使用量とCPU、メモリなどの基本リソースの情報を取得して、同様にアラートを出すように設定して対応できるようにしましょう。

ログ監視ではcloudwatch Logsでシステムやアプリの出力するログのデータを取得します。基本的にテキストデータなので、ある特定のテキストがログに出てきたときにアラートを出すように設定しましょう。

AWSの監視で困ったときにはcloudwatchでの初期設定をサーバー監視会社に依頼することもできます。初期設定だけ済ませてもらえればリスクのあるときにアラートが出るので、対応作業だけでAWSを運用できるようになります。

専門業者に依頼すれば基本的な監視システムを確実に整えられるので、初めてのAWSのときにはおすすめです。

aws glueの特徴と監視機能、aws glue自体を監視する方法

AWSに標準搭載されていて無料で使えるからこそcloudwatchが標準的に使われています。AWSのサービスと連携しやすく、コストパフォーマンスも上げやすいのがcloudwatchのメリットです。今まで使用してきた監視ツールがある場合には切り替えるべきかどうかを検討する必要があります。

初めてのサーバーとしてAWSを使い始めるときにはcloudwatchでの監視から始めましょう。

参考資料>>AWS運用 > AWS監視・運用 マネージドクラウド for AWS | CloudCREW | GMOグローバルサイン・ホールディングス㈱

投稿日: